ランドセルの購入はここがポイント

私のランドセルの購入ポイントとしては、小学校6年間の使用を考えると、

とにかく丈夫で長持ちするもの」が第1のポイントと考えて選びました。

現在私には3人の子供がおりその内2人が小学生です。

昔に比べるとランドセルの種類やカラーも豊富で、本人たちも迷う様子が多くありました。

もちろん子供の体型なども考慮し、メーカー若しくはタイプを先に決めて

最後にカラーを選択という選び方でした。

私自身が小学生の時代は、軽い素材のランドセルがあまり無かったため、

丈夫なものを選ぶと必然的に重さが重くなっていました。

更にカラーバリエーションも男子なら黒で、女子なら赤が主流だったので

今のように色を選ぶ余地もありませんでした。

小学校高学年なら体も大きくなり体力も付いているので、ランドセルの数百グラムの重さも

特に重く感じないでしょうが、やはり幼稚園や保育園出たての新1年生にとっては

重いランドセルはかなり苦痛だと思います。

でも今のランドセルは子供の成長に合わせながら肩幅をスライドさせたり、

ベルトの取り付け部分を工夫して、背負いやすくしたりするなど

機能面でも昔とは比較にならない程充実しています。

また、どのメーカーも作りは丈夫で小学校生活6年間は十分に持つと思います。

その上ほとんどのランドセルが軽量化されており、

新小学生にとって、疲れにくくとてもやさしい造りになっています。

しかし、同じ様なタイプであっても値段にバラつきが多いのも事実で、

これは、大きくは人工皮革と本革の違いであり、主に材質の違いとなのです。

やはり小学生が使用するランドセルとは言え、本皮で作られているものは値段も高く、

人工皮革の商品は値段は安くなります。

もっとも、モギカバンのように形が同じであれば、本革と人工皮革でもあまり価格が

変わらないといったメーカーもあります。

素材によっては、湿度や雨に強い素材のものまであり選べる幅が格段に広がっています。

私が購入したランドセルは、やはり小学生の期間しか使用しないため、

それ程高価なものではありません。

ファッション性もあるのでしょうが、日本のランドセルは丈夫で長持ちするため、

今は外国人の成人の方も愛用しているくらいです。

またランドセルの側面に小物やワンポイントでアクセントを付けて楽しんでいるようです。

特に大まかな機能も各メーカーそれほど変わりがないので、

あとはデザインであったり、カラーなどで自分の好きなタイプを選ぶべきかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です